ガンダムSEEDシリーズに登場するモビルアーマーの魅力に迫る!【忘れないでね】

アイキャッチ

こんにちは!ハレハロです!

ガンダム作品の華形といえば?

カッコいいモビルスーツでしょ!

モビルスーツ同士の戦闘は魅力的で、惹きつけられますよね。

ガンダムSEEDだと

  • ストライクガンダム
  • フリーダムガンダム
  • ジン
  • ラゴゥ
  • ゲイツ

などのモビルスーツが登場します。

ファン同士で語ると、とまならなくて何時間でもいけちゃいますよね。

皆さん、忘れていませんか?

モビルアーマーを!

主役にはなれないかもしれない・・・

しかしモビルアーマーはシブい、これぞいぶし銀!

ガンダムみたいに器用じゃないけど、無骨なカッコよさがモビルアーマにはあります。

特にガンダムSEEDシリーズは、モビルアーマーの数が少ないので、印象に残りづらいですね。

今回の記事は、ガンダムSEEDと続編のDESTINYに登場するモビルアーマーを紹介しながら、その魅力に迫っていきます

当記事を読んで、モビルアーマーにも注目してみましょう!

なんだか愛おしく思えるかも

登場は一瞬かもしれないし、活躍もあまりしない。

どうしてもガンダムに目が行きがちですが、モビルアーマーのこと忘れないでください!

目次

ガンダムSEEDシリーズにおけるモビルアーマーは地球連合軍の機動兵器!

コズミック・イラではモビルアーマーはモビルスーツが登場するまで宇宙戦の主力兵器だった

ガンダムSEEDの世界における、モビルアーマーはどういう立ち位置なのか?

アニメだけを見ていると、撃墜されまくっているイメージが強いですが、紐解いていくと地球連合軍の維持も垣間見えます。

目立たない印象ですが、しっかりと設定が作り込まれているので、ガンダムSEEDの奥深さが感じられますね。

それでは見てきましょう!
※モビルアーマーの定義は用語集で解説しています

モビルアーマーは地球連合軍の機動兵器

モビルアーマーは、地球連合軍で開発された機動兵器として作品中に登場します。

地球連合軍の技術によって、開発されたのがモビルアーマー

ザフト軍でモビルアーマーは開発されていません。

ザフト軍がモビルスーツを開発したことにより、モビルスーツ戦が主流となっていきます

モビルアーマーは、ジンに撃墜されまくってたよね

しかし、モビルアーマー開発の系譜は地球連合軍の中で続いていきます。

その結果、続編のガンダムSEED DESTINYで多数モビルアーマーが登場し、モビルスーツと渡り合えるだけの性能を持つようになりました

モビルアーマーに変形するガンダムも登場するよ!

ガンダムSEEDでは脇役のように見えますが、その技術はガンダムの開発にまで影響を及ぼしています。

そう考えると面白いですよね。

モビルアーマーとモビルスーツの戦力比

モビルアーマーはガンダムSEED DESTINYになって、ようやくモビルスーツと渡り合えるようになりました。

ガンダムSEEDでは、撃墜されまくる悲しいモブメカとなっています。

どのくらいの戦力差があったの?

気になる!

ザフトが投入した実践用モビルスーツ「ジン」1機に対して、地球連合軍の主力モビルアーマー「メビウス」は3~5機必要とされていました

1機落とすのに3~5機必要なんだ

いかにモビルスーツがスゴイかわかるよね

圧倒的性能差を目の当たりにした地球連合軍は、G兵器開発計画を立案しガンダムが誕生することとなります。

G兵器開発計画についての記事はこちらから!

ガンダムSEEDと続編のDESTINYに登場するモビルアーマー5選!

オススメのモビルアーマー5選ミストラル、メビウス・ゼロ、エグザス、ザムザザー、ユークリッド

私がオススメしたいモビルアーマーをガンダムSEEDから2つ、続編のDESTINYから3つ紹介します!

忘れがちなモビルアーマーを思い出しましょう。

ガンダムSEEDに登場するモビルアーマー

まずは、ガンダムSEEDに登場するモビルアーマーを2つ紹介します。

この頃は、まだモビルスーツに圧倒されてる時代・・・

MAW-01 ミストラル

  • メビウス開発以前の主力機
  • 汎用性に優れている
  • 機体上部と下部の2つのユニットで構成されている

いきなりマニアック!

作中でもちゃんと登場します!

上部ユニットに2門の機関砲を装備しており、戦闘に対応。

下部ユニットは、輸送用に使用されることが多く物資の運搬に用いられます。

使用ユニットやオプションによって、汎用性が高く万能な活躍ができるのが特徴

初代ガンダムの「ボール」的ポジションだね

汎用的でマルチに活躍できる、まさにカメレオンのようなモビルアーマーです。

強そうに見えませんが、現代的兵器っぽい感じがジブくていいですね。

TS-MA2mod.00 メビウス・ゼロ

  • メビウスの原型となったモビルアーマー
  • 4基の有線式ガンバレルを装備
  • ガンダム開発前は唯一ジンと渡りあることができた

ガンダムSEED中盤頃まで、活躍するメビウス・ゼロ。

このメビウス・ゼロをもとに、量産機メビウスが開発されます

有線式ガンバレルの扱いに、高い空間認識能力が必要とされるため、扱えるパイロットが限られていました。

C.E.70年5月3日のグリマルディ戦線で、15機投入されましたがムウ・ラ・フラガの機体以外全て撃墜されてしまいます
※ガンダムSEED本編より前の出来事

ムウ・ラ・フラガの異名である「エンデュミオンの鷹」は、このグリマディ戦線を生き残ったことで付けられました。

ガンダムSEED本編スタート時には、実質専用機という形になってたのでメビウスをもとにメビウス・ゼロが開発されたのでは?

そう思っていましたが、逆でしたね。

宇宙用モビルアーマーのためアークエンジェルの地球降下後、出番はなくなりました。

ガンダムと対等に戦ってるとこは、カッコいい

続編のDESTINYで後継機が登場しますよ!

ガンダムSEED DESTINYに登場するモビルアーマー

続きまして、続編のガンダムSEED DESTINYに登場するモビルアーマーを3つ紹介します。

モビルアーマーがさらならる進化をとげ、モビルスーツと渡り合える所まできました!

TS-MA4 エグザス

  • メビウス・ゼロの後継機
  • 対モビルスーツ戦を意識している
  • パイロットはネオ・ロアノーク

メビウス・ゼロに搭載されていた4基のガンバレルはそのままに、スタイリッシュになりました。

ガンバレルにビームカッターが装備され、格闘戦も対応可能に。

本体にはリニアガンが追加され、純粋に戦闘能力が上がっています。

個人的に、ガンダムSEEDシリーズの中では1番好きなモビルアーマーです!

スタイリッシュさがいいよね

高い空間認識能力が求められますが、仮面の男「ネオ・ロアノーク」が華麗に乗りこなします。

なんで乗りこなせるんだろう

鋭い・・・

気になる人は本編を見てね

モビルスーツとも対等に渡り合え、メビウス・ゼロの正当進化といえるでしょう。

TS-MA2 ザムザザー

  • 大型の3人乗りモビルアーマー
  • 陽電子リフレクターによる圧倒的防御力

これぞモビルアーマー!

これまで紹介してきた、モビルアーマーはどちらかというと小型でした。

デカイのがモビルアーマーの美学、そう思う人もいるでしょう。

ついにSEED DESTINYで登場しました。

その大きさをインパルスガンダムと比べて見ましょう。

ザムザザー
インパルスガンダム
  • 全高:47.13m
  • 重量:526.45t
  • 全高:17.76m
  • 重量:63.54t

ザムザザーの大きさが、わかっていただけでしょうか?

特徴は陽電子リフレクターによる、圧倒的防御力

戦艦クラスの、砲撃を防ぐことができます。

作中で、ミネルバのタンホイザー防ぐからね

攻撃面も4門のエネルギー砲に、4脚のクローと申し分なし。

12話「血に染まる海」で、インパルスガンダムの片足をもぎ取るという功績も!

機体の大型化と運用の複雑さによって、パイロットが3人必要ですがロマンあふれる機体となっています。

TS-MB1B ユークリッド

  • 大戦末期に投入
  • 陽電子リフレクターを装備
  • 格闘装備はない

ユークリッドは、前述したザムザザーとゲルズゲーというモビルアーマーをひな形として、開発されました

ザムザザーほど、大きくはなくシンプルに原点回帰したようなデザインになっています。

ザムザザーがデカすぎたんじゃ

陽電子リフレクターを装備しているため、モビルスーツの攻撃も簡単に防御することができます。

主にガンダムSEED DESTINY終盤の、拠点防御線で投入されました

見た目的に、宇宙専用っぽいですが地上運用も可能。

機動性と防御力を兼ね添えた、モビルアーマとなっています。

エグザスの機動力とザムザザーの防御力を合わせた感じ

ガンダムSEEDシリーズではモビルアーマーに変形するガンダムも登場する!

モビルアーマーに変形するガンダムは変形することで、特化した機能を発揮する

5つのモビルアーマーを紹介しましたが、その技術力を生かして一部のガンダムは、モビルアーマー形態に変形する機能があります

合体・変形はロマンだよね

本編で登場するモビルアーマーに変形できるガンダム

ガンダムSEED
ガンダムSEED DESTINY
  • イージス
  • レイダー
  • カオス
  • アビス
  • ガイア
  • セイバー
  • デストロイ

本編でも頻繁に登場しますよね。

これらのガンダムが変形できるのも、地球連合軍のモビルアーマーを開発する技術があったからです。

地球連合軍は圧倒的な物量を活かすために、ユークリッドなどの量産機に注力しており、可変式のガンダムはあまり開発していません。

実はデストロイも量産機なんだよね

ザフト軍が開発したモビルスーツの変形機能も、イージスを強奪しなかったら生まれていなかったかもしれません。

モビルアーマーは、存在感が薄くなりがちですがモビルスーツの開発にも大きく貢献しているんですね

ガンダムSEEDシリーズに登場するモビルアーマーは魅力的!

モビルアーマーのシブさに気づいたとき、新しい扉がひらくだろう

いかがでしたか?

モビルアーマーの魅力伝わったでしょうか。

ガンダムSEEDと続編のDESTINYでは、機体の数が少なくあまり目立ちませんが、深堀りするといろんな設定があって面白いですよね

なかなか商品化されないのが辛いけど

どうしても主役のガンダムに目が行ってしまいがちですが、モビルアーマーにも注目してみましょう。

作品を見直してみることで、モビルアーマーのシブさに気づくかもしれません。

「SEEDではあんなに撃墜されていたのに、DESTINYではこんなに成長して」と私は感激しました。

モビルスーツだけではない、モビルアーマーの魅力ぜひあなたも感じてください

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ハレハロ
福岡県在住のアラサー男子!
本業は食品工場で品質管理として働いています。
テニス、音楽フェス、ゲーム、漫画が好き!
ガンダム情報発信中!
シルベーヌを愛してやまない。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


one × 1 =

目次
閉じる